手軽で簡単!! はじめの一歩はパウンドケーキから

パウンドケーキを焼きました

先日、パウンドケーキを写真を撮りながら焼いたので、

備忘録も含めて作り方を紹介します。

道具と材料

道具は以下の通りです。

・ハンドミキサー

・粉ふるい

・ヘラ

・刷毛

・オーブンペーパー

・アルミホイル

・冷まし網

・型

冷まし網は「高さのある編み目のもの」なら大丈夫なので、色々と代用出来ると思います。

写真のものは100円ショップで買ったバーベキュー用のものです。

型も紙状のものであれば、100円ショップで手に入ります。

続いて材料です。

・砂糖 120g

・ケーキ用バター 120g

・薄力粉 120g

・ベーキングパウダー 5g

・卵 ×2個

・バニラエッセンス 数滴

・シロップ 適量

薄力粉とベーキングパウダーは粉ふるいで計量すると洗い物がひとつ減ります。

私は雪印のケーキ用マーガリンをよく愛用しているのですが、

あれは1本100gなので、20g分小さいバターやチューブバターで適当に用意します。

ちなみに料理でよくやる「アバウトな数字」は、失敗するので要注意です。

それでは作って行きましょう!!

バターと砂糖を混ぜる

バターは常温で温めておき or 電子レンジで1分ほど温めておき、

砂糖を2~3回に分けて混ぜます。

卵とバニラエッセンスを加える

卵を1個づつ入れて混ぜていきます。

2個ともよく混ざったら、バニラエッセンスを数滴入れて混ぜます(個人的には5~6滴)。

バニラエッセンスが混ざったらハンドミキサーのお仕事は終わりです。

薄力粉とベーキングパウダーを加える

ヘラでひたすら縦に切るようにして、下の画像になるまで混ぜていきます。

混ぜ終わったら、オーブンを180度で温めておきます。

型に入れる

結構粘度が高いので最初はいびつですが、

ヘラで両端が高め、中心が低めになるよう整えていきます。

どうしても端は背が低く焼けてしまい、それを緩和する為です。

また、最後に固い物などに小突いて空気を抜きましょう。

焼いて切って焼く

20分程したら一度取り出して縦に切れ目を入れます。

また焼き具合を見てアルミホイルで蓋をします。

これを作っている時はこれ以上表面を焼きたくなかったので、

切れ目を入れた後、アルミホイルを被せ20分焼きました。

完成

型から取り出し、冷やし網に乗せてあら熱を取ります。

同時にシロップを刷毛で布団を叩くように塗っていきます。

「一晩寝かせるとしっとりして美味しい」とよく言われますが、

焼いた直後もとても美味しいです、特に両端はすごく好きです。

編集後記

私のお菓子作りに対する敷居を低くしてくれたのは、パウンドケーキでした。

割れ目が出来なかったり、焦げてしまったりと結構失敗もありましたが、

安定して作れるようになったので記事にしました。

私にとってお菓子作りって錬金術のようなもので、

粉と液体を混ぜて焼いたら美味しいお菓子になるのが

たまらなく楽しいのです。

ご覧いただきありがとうございました。

今回紹介した商品・関連商品

パール金属 ハンド ミキサー ブラック ミラクルス D-1124
パール金属(PEARL METAL)
和平フレイズ(Wahei freiz)
¥671 (2018/06/11時点 Amazon調べ-詳細)