【フリー素材】FF14のSSを自撮り風にする

私の中でひそかに流行ってる自撮り

今回はFF14の自撮りっぽく撮ったスクリーンショット(SS)に

カメラのユーザーインターフェイス風フレームを貼り付けようというお話です。

更新履歴

2017/04/12 エオルゼア風フレームを追加しました。

2017/04/10 公開。

前書き

ふと思いついたので、Photoshopで作ってみました。

よくよく調べてみると先駆者の方はいらっしゃったので、二番煎じではありますが。

絵が描けなくても案外作れるもので、楽しかったです。

フリー素材として置いておくので良かったら使ってみてください。

利用規約的なもの

・ご自由に加工して構いません。

・加工したものを再配布するのはやめてください。

・必須ではありませんが、コメントいただけると私が喜びます。

・必須ではありませんが、サイトURL貼っていただけると私が喜びます。

使い方

撮影したSSに下にあるフレームを貼り付け、位置を調整して完成です。

SSに載っている著作権表記に縛られずにレイアウト調整出来るよう

著作権表記をフレームに表記しています。

その場合103~105%ほど拡大して貼りつけ、不必要であれば黒で塗りつぶしてください。

カメラフレーム

グリップ+フォーカスポイント有

全部乗せバージョンです。

グリッドのみ

フォーカスポイントが邪魔な場合。

シンプル

まっさらなシンプルバージョンです。

その他差分

シンプル+ズーム。

極シンプル。

ムービーフレーム

動画用フレームです。

録画時間が全部同じ数字になるのが嫌で時間は書いてありません。

かといって編集したいほど重要かと言われるとそうでもないので。

PSDデータ

ブラックフレームはこちら

エオルゼア風フレームはこちら

一応分かりやすくレイヤーわけして、細かく選べるようにはしてあります。

PSDデータのみの変更出来る箇所として、

右上のアルバム画像を変更できるようにしてあります。

クリッピング用レイヤーがあるので、そこにクリッピングして適当に貼り付けてください。

大体10%ぐらいに縮小すると良い感じに入ると思います。

あと、ピントが合わなかった場合のフォーカスも入ってます。

(画像はブラックフレームの場合のレイヤーデータ)

作例

▲王道的な使い方です。

▲自撮りじゃなくてもカメラマン目線になるので、面白い絵になります。

▲マルチフォーカスっぽく。

▲動いてる絵だとムービーフレームがすごくしっくりきます。

▲エオルゼア風フレーム

編集後記

グループポーズが実装されて以来、面白い絵がものすごく撮りやすくなって楽しいですね。

(2017/04/10)

スマートフォン風の配色で作りましたが、

いずれエオルゼア風の配色できちんと作りたいなと思います。

ちょっとユーザーインターフェイスがFF14っぽくなくて、違和感があると言えばあるので。

(2017/04/12)

作りました。

見慣れてるというのもあるんですが、やはりこっちの方がしっくり来ます。

真似ているとはいえ、全部自作なので問題…ないとは思うのですが、

何か問題があれば教えてください。

以上、自撮り風フレームのお話でした。

ご覧いただきありがとうございました。

今回紹介した商品・関連商品

スクウェア・エニックス
¥5,215 (2018/06/11時点 Amazon調べ-詳細)
スクウェア・エニックス
¥2,850 (2018/06/11時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

  1. Karen Blixen より:

    素材使わせて頂きます、ありがとうございます!