スマートにアシストされたい【前編】 SONY『Xperia Ear Duo』

忙しさにかまけた果てに

鍵屋で働き始めてかれこれ1年半になりますが、どうにもこうにも忙しい。

いや、忙しいというのは語弊があるか…余裕がありません。

自分のことでいっぱいいっぱいの人間が手を出したのは

仕事柄、覚えることが膨大にある上に覚えることに終わりが無い。

生涯やる仕事、鍵やセキュリティが大好き人間の人からすれば、

それはとてもやり甲斐に感じるのかもしれない。

しかしながら私にそこまでの熱量は無いし、

熱量は無いのに仕事以外の事に目を向ける余裕がありません。

なんかもう猫の手を借りたい気分です。

そう…スマートにアシスタントしてくれるような猫の手が。

SONY『 Ear Duo』

▲Xperia Ear Duo

これはなんだ?

Bluetoothのハンズフリー通話の出来るアシスタントデバイスです。

SONYはデュアルリスニングと呼称していますが、

周囲の音を聞きながらデバイスから流れてくる音も聞くことが出来る。

加えてこのデバイスはあらゆる情報を読み上げてくれる、これがスゴい。

タッチパッドで出来ること

『Xperia Ear Duo』はロゴの部分がタッチパッドになっており、

シングルタップ、ダブルタップ、トリプルタップ、長押し、上下にスライド

以上の5つの動作で色々な事が出来ます。

左側は再生、停止、音量調整など音声系の動作に固定されますが、

右側はシングルタップ、ダブルタップ、トリプルタップ、長押しの4つを

自分好みに自由に割り振る事が出来ます。

これから紹介する時刻や予定、デイリーアシストはここに割り振れます。

主なアシスタント機能

時間

今の時間を教えてくれるのはもちろんのこと、

「午前10時です」「午後1時です」など、毎時間教えてくれる。

それに加えて「今日のお昼はどうしよう」など時間に合わせた内容を一言喋ってくれる。

天気

「現在、横浜市〇〇の天気は晴れです」と天気を教えてくれる。

かなりピンポイントな地名の天気を調べてきてくれるのですが、結構誤差がある。

予定

Googleカレンダーに入ってる予定のタイトル、時間、場所を読み上げてくれます。

Googleカレンダー以外に入っている予定は読み上げてくれません。

ニュース

ライブドアニュースからニュースの見出しを3つ読み上げてくれます。

綜合、ビジネス、スポーツ、エンタメの4つにカテゴライズされており、

優先順位を自分で設定可能。

連続で呼び出しても、同じニュースは読み上げないので聞き応えはあります。

なお、情報ソースを変更することは出来ません。

不在着信・未読メール

何分前に誰から電話があった、

新着メールが届いた、誰からで内容はあれこれ、などを教えてくれます。

何分前に誰からメールがあった、というのは教えてくれません。

プッシュ通知

スマートフォンに降ってきたプッシュ通知は全て読み上げてくれます。

しかし全てのアプリを読み上げられると耳元が鬱陶しい。

そういう私のような人の為にこのアプリの通知は欲しい、あのアプリの通知は要らないなど

アプリ毎に設定可能となってます。

面倒不要、デイリーアシスト

ここまで書いたように基本的にアシスタント機能として漏れはありません。

細かいことを言えば、予定やニュースのソース元を変更したいな…とは思いますが。

しかし、いちいち「今の時間なに?」「天気なに?」と

こちらから情報を取りに行くのは非常に億劫なものです。

最初は目新しさもあって苦ではないかもしれませんが、毎日毎回となると苦痛。

それを解消してくれるのがデイリーアシスト機能。

デイリーアシストを呼び出せば上記の内容を一通り読み上げてくれます。

デイリーアシストは装着時に自動的に起動する事も可能。

実際使ってみてどうだったのか

購入してから3ヶ月ぐらいになりますが、

仕事中はもうずっと付けてないと落ち着かないぐらいにはなりました。

「時間が知りたいなら時計を見る」

「天気が知りたければYahoo!に行く」

「メールが読みたければGmailを読む」

こういうひとつひとつは大したこと無いけど地味に面倒な行動が、

全て耳元で完結するのはとても便利です。

音楽をガッツリ聴く、長時間の通話などが無ければケースの充電だけで事足ります。

ケースの充電は滅多にしないので、

どれぐらいのペースで充電してる?と聞かれると答えにくいのですが、

1~2週間に1回ケースを充電する感じぐらいでしょうか…多分。

余談ですが、私は右側だけしか使っていないです。

アシスタントメインの私にとって、両耳装着する理由はほとんど無いので。

(左側だけを使うことは出来ません)

編集後記

以上、猫の手も借りたい人間がアシスタントデバイスに手を出す話でした。

本稿では触れませんでしたが、イヤホンとしての音質は決して良いものではないです。

低音は全く出ませんし、シャカシャカもします。

イヤホンとしてこれが欲しいというのであれば、オススメしません。

しかしながら、アシスタントデバイスとしてはとてもオススメです。

次回後編は、

「スマートデバイス、アシスタントデバイスって面白いな!」と思った人間が

アイツに手を出すお話です。

ご覧いただきありがとうございました。

紹介した商品・関連商品

ソニー(SONY)
¥23,800 (2020/1/3時点 Amazon調べ-詳細)
MSY株式会社
¥2,730 (2020/1/3時点 Amazon調べ-詳細)