【コラム】そしてパソコンは長い眠りについた

私とパソコン

私事ながら、一昨年から実家を出て一人で暮らしている。

それによって起きた変化はたくさんあるのだが、

「私とパソコン」

この関係性がこの2年で劇的に変化した。

そしてパソコンは相棒になった

私とパソコンの付き合いは約20年。

2000年前後、ダイヤルアップ接続であれこれやっていた頃からの付き合いだ。

その後自作に手を出し、自分の望むマシンを組み上げ、愛用してきた。

二人三脚…とまでは言わないが、ずっと付かず離れずの関係で生きてきた…つもりだ。

パソコンで完結が出来るならパソコンで完結させたい。

テレビが観たい?

チューナーを繋ごう、nasneを使おう。

プレステがしたい?

モニターにHDMIを繋ごう、切り替え器を使おう。

そうやってアップグレードしながら今の今まで生きてきた。

このスタンスは揺らぐことが無いと思っていた。

そしてパソコンは小さくなった

話は冒頭に戻るが、一人暮らしを初めて以来、パソコンの立ち位置が大きく変わった。

「PCデスクにおいて使うもの」から、

「リビングに置いて使うもの」になった。

モニターは引き続きASUSの29インチ ウルトラワイドのモニターを使用。

画面の大きさや解像度に対して「小さいなぁ…」と思った事は今まで無かった。

リビングに置くという事は、パソコンをメディアプレイヤー的に使う要素が大きくなる。

「PCデスクを用いて目の前で使う」という要素が消失した為、

「小さいなぁ…」と思うようになった。

そう、テーブルを挟んでリビングに置くにはとても小さい。

そこで50インチ前後の大きいモニターが欲しいと思った。

そしてパソコンは大きくなった

▲SONY BRAVIA『KJ-49X8500G』

去年の年末、SONYのBRAVIA『KJ-49X8500G』を購入した。

TVを詰んだ49型の4Kテレビである。

スピーカーはPCで使用していたBOSE『Solo 5 TV sound system』を引き継いだ。

ソニー(SONY)
¥142,000 (2020/05/10時点 Amazon調べ-詳細)

比較対象として缶コーヒーを置いているが、

公式スペックで幅109.8cm x 高さ70.3cm x 奥行き27.9cm(スタンド込)となっている。

買って設置した際に「おぉ、デカい!デカい!いいじゃん!!」と興奮したし、感動もした。

しかし、このBRAVIAが私のパソコンを食い散らかす事になる。

そしてパソコンは長い眠りについた

▲リモコン

その理由はテレビの機能にある。

このBRAVIAは前述通りAndroid TVを搭載しているが、

スマートフォンやパソコンからキャスト接続すればBRAVIAに表示する事が出来る。

ボタンひとつでテレビ、Hulu、Netflix、U-NEXT、AbemaTV、YouTubeも起動する。

さらに上記テレビの画像を見ていただけるとわかるが、

NASのコラムを書いた時に紹介した『Solid Explorer』も標準でインストールされている。

…必要だろうか?

パソコンを大画面で映したいから買ったのに、パソコンが不要になってしまったのだ。

そしてパソコンは長い眠りについた。

編集後記

不要と書くと「パソコンが要らなくなった」というように聞こえるが、

「パソコンを使わなくなった」という表現が正しい。

この記事はノートパソコンで書いている。

WordPressはスマートフォンから投稿する事も可能だが、

画像の加工にパソコンは必要だし、執筆はタップではなくキーボードを使いたい。

そしてキーボードを使うなら、REALFORCEを使いたい。

デスクトップPCは現在進行形で眠りについているが、そうやって使用用途を見出していくと

然るべき環境を整え、起こす日が必ず来るだろう。


だけど今は、おやすみなさい。

紹介した商品・関連商品

ソニー(SONY)
¥142,000 (2020/05/10時点 Amazon調べ-詳細)